アルファロメオ、フィアット、プジョー、シトロエン等のイタフラ車向けパーツ、海外輸入グッズ、他のショップにはないアイテムを中心に取り扱っております。

HOME

Profile
Alfista Internazionale
Tokyo, Japan
Contact
お問い合わせ、ご要望等は
こちらからどうぞ。

お問い合わせフォーム

メール
Search
Counter
Twitter
Access analyzer
Click!
ブログランキング参加中!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 車ブログ フィアットへ


BOSCHユニットは製造ロットごとの個体差が大きく、
許容入力レベルが低いロットの存在が確認されています。
そのようなロットのユニットでは、
XCarLinkからの入力が過大となって音割れを起こし、ノイズが入ります。

この場合は、下記①②をお試しください。

①XCarLink本体でボリューム出力をコントロールする※
※2014年秋のマイナーチェンジ後の、
 本体にIPOD端子が付いているモデルのみ可能な方法となります。
 
1.楽曲データの入ったSDカードまたはUSBメモリをXCarLinkに挿入する。
2.CD1トラック1の再生を開始する。
3.CD1トラック1再生中に曲戻しボタンを5秒以上押し続ける。
4.画面表示が18→17→16→・・・→11→20→19→18→・・・と
  20〜11の間でループし始めるので、
  目的とするボリュームに対応する番号で曲戻しボタンを離す。

画面表示とボリュームの関係
11(最小)<12<・・・<18(デフォルト)<19<20(最大)


②楽曲ファイル(mp3データ)のボリュームを絞る(再生ファイルのゲイン調整)

<再生ファイルのゲイン調整>
MP3Gain」等のソフトウェアをご使用ください。

MP3Gain
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/mp3gain/

フリーウェアです。上記URL(窓の杜)からダウンロードできます。
ボリュームを89.0dB(デフォルト値)に絞ると良いようです。

(2015.12.25更新)